2009年05月24日

中宮寺

法隆寺夢殿を拝観した後
ふと目をやると中宮寺の案内目
すぐ目の前に中宮寺があるのでこれは行かねばと早速向かいました遊園地

中宮寺は、奈良県生駒郡斑鳩町の法隆寺に隣接する、聖徳太子ゆかりの寺院である。宗派は聖徳宗に属す。山号を法興山と称し、本尊は如意輪観音、開基(創立者)は聖徳太子とされている。

EPSN1307_R.jpg

621年、聖徳太子が母・穴穂部間人皇后(あなほべのはしひとこうごう)の御所を寺としたと伝える。中宮寺は、現在は法隆寺東院に隣接しているが、創建当初は500メートルほど東にあり、現在地に移転したのは16世紀末頃と推定される。創建当時の中宮寺跡は1963年に発掘調査が行われ、大阪の四天王寺と同様に、金堂と塔を前後(南北方向)に並べる四天王寺式伽藍に似た配置であったことがわかっている。


EPSN1310_R.jpg

本殿から望む夢殿
EPSN1311_R.jpg


東洋美術における「考える像」で有名な、思惟半跏のこの像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作であると同時に、わが国美術史上、あるいは東洋上代芸術を語る場合にも欠かすことの出来ない地位を占める仏像。また国際美術史学者間では、この像のお顔の優しさを評して、数少い「古典的微笑」(アルカイックスマイル)の典型として評価され、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作モナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれている。
miroku_R.jpg
まさに美仏exclamation×2
久しぶりに鳥肌が立ちました

なんとも言えない微笑
しなやかな指先
黒光りした御身体

テープで説明が流れていたのですがon
ほぼ耳に入らないぐらいに
食い入るように観ていました目

信仰の対象どうこうではなく
ただ単純に美しいと思った仏様でしたend






ブログランキングに挑戦中ひらめき 応援よろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
posted by ほとけたび同好会 at 10:05 | Comment(1) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

法隆寺

法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築として広く知られています。
 用明天皇が自らのご病気の平癒を祈って寺と仏像を造ることを誓願されましたが、その実現をみないままに崩御されたといいます。そこで推古天皇と聖徳太子が用明天皇のご遺願を継いで、607年に寺とその本尊「薬師如来」を造られたのがこの法隆寺であると伝えています。
EPSN1289_R.jpg

現在、法隆寺は塔・金堂を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられています。広さ約18万7千平方メートルの境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を集めた建築物が軒をつらね、たくさんの宝物類が伝来しています。国宝・重要文化財に指定されたものだけでも約190件、点数にして2300余点に及んでいます。
EPSN1286_R.jpg

EPSN1287_R.jpg
EPSN1288_R.jpg

EPSN1294_R.jpg

EPSN1303_R.jpg

このように法隆寺は聖徳太子が建立された寺院として、1400年に及ぶ輝かしい伝統を今に誇り、とくに1993年12月には、ユネスコの世界文化遺産のリストに日本で初めて登録されるなど、世界的な仏教文化の宝庫として人々の注目を集めています。


小学校の修学旅行以来でした
当時は土産物屋など周辺の建物が
とても古い印象でしたが
今回訪れて、どのお店も新しく綺麗な事に驚きましたひらめき

祝日だというのに
修学旅行で訪れている学校が非常に多かったです
先生方も大変だあせあせ(飛び散る汗)

福井県の小浜市は‘海のある奈良’などと言われていますが
奈良はやはり別格だと実感した次第ですふらふら

大陸の雰囲気が
釈迦三尊像や百済観音からビシビシと伝わってきました遊園地

EPSN1300_R.jpg

Horyu-ji04s3200_R.jpg

歴史の深さを肌で感じる事ができましたサーチ(調べる)





ブログランキングに挑戦中ひらめき 応援よろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
posted by ほとけたび同好会 at 22:05 | Comment(3) | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングに参加中目応援よろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。